荒ら(読み)アバラ

デジタル大辞泉 「荒ら」の意味・読み・例文・類語

あばら【荒ら/疎ら】

[形動][文][ナリ]
荒れ果てたさま。
「女はそのまま―な板敷のうえにいつまでも泣き伏していた」〈堀辰雄曠野
すきまだらけのさま。まばら
「うしろ―になりにければ、力及ばで引き退く」〈平家・七〉
[名]荒ら屋2」に同じ。〈新撰字鏡
[類語]荒れる荒れ果てる荒廃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「荒ら」の意味・読み・例文・類語

あばら【荒・疎】

  1. [ 1 ] 〘 形容動詞ナリ活用 〙
    1. すきまが多いさま。あけひろげたさま。まばら。
      1. [初出の実例]「こぞを恋ひて、かの西の対(たい)に行きて、月のかたぶくまで、あばらなる板敷にふせりてよめる」(出典古今和歌集(905‐914)恋五・七四七・詞書)
    2. 家などの破れくずれてすきまが多く、荒れているさま。荒れて戸障子などのないさま。
      1. [初出の実例]「あばらなる蔵(くら)に、女をば奥におし入れて」(出典:伊勢物語(10C前)六)
    3. 人の態度やふるまいなどが心のこもっていないさま。
      1. [初出の実例]「人のふるまひのあばらなるをそけなしとそしる」(出典:名語記(1275)四)
  2. [ 2 ] 〘 名詞 〙
    1. あばらや(荒屋)〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
    2. あばらや(荒屋)
      1. [初出の実例]「秋風は吹な破りそ我宿のあばらかくせる蛛(くも)のすがきを〈曾根好忠〉」(出典:拾遺和歌集(1005‐07頃か)雑秋・一一一一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android