(読み)ガク(英語表記)calyx

翻訳|calyx

デジタル大辞泉 「萼」の意味・読み・例文・類語

がく【萼】[漢字項目]

[音]ガク(呉)(漢) [訓]うてな
花の一番外側の、花びらを囲む部分。「萼片/花萼」

がく【×萼】

花の最も外側の部分。ふつう緑色をし、外面に毛をもつ。つぼみのときは内部を包み保護する。うてな。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「萼」の意味・読み・例文・類語

がく【萼】

  1. 〘 名詞 〙 被子植物の花の最も外側にある器官。ふつう数個の萼片から成り、緑色の葉状のものが多いが、彩色を帯び、目だつものもある。うてな。〔植学啓原(1833)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「萼」の意味・わかりやすい解説

萼 (がく)
calyx

花の最も下(外)側に生ずる器官で,葉の変形したものである。一組の萼を構成する個々の1片を萼片sepalと呼ぶ。一般に緑色,形は多少葉に似ていて,花弁より強く,主な働きは,つぼみの時期に花全体を包み,内部を保護することである。萼片と花弁は合わせて花被perianthと総称されるが,花被が2層に分化し形態的に顕著な差を示すときに,外花被を萼片,内花被を花弁と呼ぶのである。アジサイなどでは,外花被が発達し花弁状となるが,このような場合も萼と呼んでいる。カキやナスのように,花の散った後も萼が落ちず,さらに発達して,へたの一部として残ることがある。一方ケシ科では花が開いたとき,萼はすでに落ちているし,退化して消失することもヤエムグラなどにみられ,タンポポの冠毛は萼片の変形とみなされる。イチゴなどの副萼epicalyxは托葉と相同である。花被は被子植物で顕著であるが,原始的なものではらせん配列をする。しかし多くの被子植物では輪生配列がみられる。タイサンボクなど原始的なものでは多輪生となるものもあるが,普通二輪生(外側が外花被,内側が内花被)でケヤキ,グミなど一部に一輪生となるものや退化の結果無花被(ヤマグルマフサザクラなど)となるものもあり,ヤナギでは蜜腺に変形する。

執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「萼」の意味・わかりやすい解説


がく

花の構成要素の一つで、内外2輪がはっきり区別できる花被(かひ)(異花被花)の外輪を萼という。普通は内輪(花冠)よりも小さくて厚く、クロロフィルを含み緑色を呈し、外面には毛があるものが多く、つぼみの状態で花の内部の諸器官を保護する。しかし、キンポウゲ科などでは萼は色づいて花弁状になるものが多く、昆虫誘引の役目をもつ。萼で構成している花葉(かよう)は萼片とよばれ、葉と相同と考えられる。モクレン科などのようにそれぞれの萼片は離生し、花が終わると落ちるものが原始的とみなされる。ケシなどでは萼は花冠よりも早く、開花に伴って落ちる。多くの科では萼は宿存するが、果実についている宿存萼はへたとよばれる。ホオズキなどでは萼は花期後に成長して果実を包むようになる。花冠と同様に、進化した花では各萼片は合着して合弁萼となる。

 合弁萼の上部は普通は裂片に分かれ、下部は筒状となるが、筒状部が伸長して子房を包むようになったものを萼筒(がくとう)という。普通、萼裂片の基部のあたりに花冠や雄しべがつくので、萼筒を形成する花は一般に子房は下位となる。キク科では萼裂片は退化しているものが多く、また変形して鱗片(りんぺん)や冠毛になる。

[田村道夫]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「萼」の意味・わかりやすい解説


がく
calyx

花を構成している花葉のうち,いちばん外側にあるもので,そのさらに外 (下) 側には包葉があり,内 (上) 側には花弁 (花冠) がある。萼は花により何枚ずつかの萼片から成り,多くの場合花冠が美しいのに対して,緑色であって葉に近いが,ユリなどのように花弁と同様になったものもある。なお萼片はそれぞれが分れているもの (アブラナ,ベンケイソウなど) と,互いに合着しているもの (サクラ,オドリコソウなど) とある。萼片が基部で,または先端まで,癒合して筒状になった部分を萼筒 calyx tubeという。萼が著しく変形したものとしては,キクの花の冠毛のようなものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「萼」の意味・わかりやすい解説

萼【がく】

の最も外側にあって,保護的な働きをする器官で,葉が変化したもの。1枚1枚を萼片といい,完全に癒着して筒状になったり(シソ科),基部の方だけ癒着したり(マメ科),おのおのがばらばらであったり(アブラナ科)する。多くは緑色だが,ラン科,アヤメ科,ユリ科などでは花弁に似る。また,ヤナギの蜜腺は萼が変化したもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内のの言及

【花】より

…例えばソテツ,イチョウ,マツなどの裸子植物の生殖器官を含めたり,さらには胞子生殖をするツクシの穂をも花とする見解もある。
[花の概念]
 被子植物の花は見かけ上はさまざまな形があるものの,基本的には同じで,小胞子葉と大胞子葉にそれぞれ相同なおしべとめしべ,さらに萼と花冠があり,それらが付着する花托からなっている。裸子植物の生殖器官には,萼や花冠はないが,軸の先に小胞子葉や大胞子葉が集まったものであり,シダ植物の胞子囊穂(ほうしのうすい)も胞子葉や胞子囊托が集まったものである。…

※「萼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android