蕗の薹(読み)フキノトウ

デジタル大辞泉 「蕗の薹」の意味・読み・例文・類語

ふき‐の‐とう〔‐タウ〕【×蕗の×薹】

早春フキ根茎から出る若い花茎。香りと苦みを賞味する。 春》「―ふみてゆききや善き隣/久女
[類語]花茎地下茎根茎球茎塊茎鱗茎芋蔓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「蕗の薹」の意味・読み・例文・類語

ふき【蕗】 の 薹(とう・と)

  1. 蕗の若い花茎。香気とほろ苦い味が喜ばれ、焼いたり蕗味噌(ふきみそ)にしたりして賞味される。ふきのじい。ふきのしゅうとめ。《 季語・春 》 〔文明本節用集(室町中)〕
    1. [初出の実例]「むめの木や此一筋を蕗のたう〈其角〉」(出典:俳諧・猿蓑(1691)四)

蕗の薹の語誌

( 1 )トウは野菜などの花茎が伸びて食用にならなくなることをいう「トウが立つ」からではなく、「蕗〈略〉花訓布木乃登宇」〔本朝食鑑‐三〕とあるようにフキノトウで花全体を指すものと意識されていたものと思われる。
( 2 )近世に入るとフキノシュウトメという呼称が広まったようで、その語源について苦味があるからとか、「麦と姑は踏むが良い」といって寒冷地で土を割る頃踏みつける習慣によるなどといわれるが、定かではない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android