薨去(読み)こうきょ

精選版 日本国語大辞典 「薨去」の意味・読み・例文・類語

こう‐きょ【薨去】

〘名〙 (「薨」は死ぬ、特に諸侯貴人が死ぬ意) 皇族や三位以上の人が死去すること。薨逝
源平盛衰記(14C前)三〇「入道すでに悶絶して、薨去(コウキョし)(をはん)ぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「薨去」の意味・読み・例文・類語

こう‐きょ【×薨去】

[名](スル)皇族または三位さんみ以上の貴人の死去すること。薨逝こうせい
少林わかばやし城において御―なされ候」〈鴎外・興津弥五右衛門の遺書
[類語]崩御卒去お隠れ死ぬ永逝死亡死去死没長逝永眠往生逝去他界物故絶息絶命大往生お陀仏死する辞世成仏昇天瞑目落命急逝夭折夭逝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android