藍沢無満(読み)あいざわ むまん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「藍沢無満」の解説

藍沢無満 あいざわ-むまん

1775-1864 江戸時代後期の俳人
安永4年生まれ。国学を行妙に,詩文藤森弘庵(こうあん)に,俳句を無耳庵蓮阿にまなぶ。寺子屋師匠としておおくの弟子をおしえ,書もよくした。遺稿に「蓼園無満発句集」など。元治(げんじ)元年10月死去。90歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身通称は藤右衛門。別号に乙満,蓼園など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android