藍藻(読み)らんそう

精選版 日本国語大辞典 「藍藻」の意味・読み・例文・類語

らん‐そう ‥サウ【藍藻】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「藍藻」の意味・読み・例文・類語

らん‐そう〔‐サウ〕【藍藻】

植物分類上、藻類一群。現在は細菌の一群として扱われることが多く、シアノバクテリアとよばれる。単細胞あるいは糸状で、核膜がない。クロロフィルa・フィコシアニンなどの色素光合成を行う。地球上のあらゆる場所に生活し、塊状群体をつくるものも多い。藍藻類。藍色細菌。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android