藪椿(読み)ヤブツバキ

デジタル大辞泉 「藪椿」の意味・読み・例文・類語

やぶ‐つばき【××椿】

野生ツバキ海岸山地に自生し、春、赤い5弁花が咲く。本州以南に分布。これをもとに園芸品種の多くが作られた。やまつばき。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「藪椿」の意味・読み・例文・類語

やぶ‐つばき【藪椿】

  1. 〘 名詞 〙 ツバキの異名。特に山野に自生するものをさすこともある。やまつばき。《 季語・春 》
    1. [初出の実例]「白き物こそ黒くなりけれ 花も実も用にたたぬや藪椿〈貞徳〉」(出典:俳諧・犬子集(1633)一七)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「藪椿」の意味・わかりやすい解説

ヤブツバキ(藪椿)
ヤブツバキ
Camellia japonica var. japonica

ツバキ科の常緑高木。日本の暖地,特に太平洋側の海岸近くの丘陵に自生する。数多くの園芸品種のもととなった種類である。高さ3~5mで,厚く光沢のある葉を互生する。花は春早く咲き,枝の先に1個ずつつく。直径5~8cmの5弁花で通常紅色,多数あるおしべは下半部で互いに癒着して筒をなす。果実は径3~5cmの球形果皮が厚く,熟すると開裂して大型褐色のつやのある種子をのぞかせる。この種子から椿油をとる。日本海側の山地には同属の別種ユキツバキ (雪椿)がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版 「藪椿」の解説

藪椿 (ヤブツバキ)

学名Camellia japonica
植物。ツバキ科の常緑高木,園芸植物

藪椿 (ヤブツバキ)

植物。野生の椿。ヤマツバキ別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「藪椿」の意味・わかりやすい解説

ヤブツバキ
やぶつばき

ツバキ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の藪椿の言及

【ツバキ(椿)】より

…ツバキは周年美しい光沢のある葉を観賞する庭園樹としても用いるほか,全国各地で防風,防潮,目隠し用の生垣などに使われている。 日本の野生のツバキには,ヤブツバキC.japonica var.japonica L.(イラスト),リンゴツバキ(ヤクシマツバキ)var.macrocarpa Masamune,ユキツバキC.rusticana Honda(イラスト)がある。ヤブツバキはヤマツバキとも呼ばれ,ツバキの野生種をさす。…

※「藪椿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android