蘭鋳(読み)ランチュウ

デジタル大辞泉 「蘭鋳」の意味・読み・例文・類語

らん‐ちゅう〔‐チウ〕【×蘭鋳】

金魚の一品種。体つきが丸く、頭部に肉こぶが発達し、背びれがなく、尾が小さい。まるこ。蘭虫。 夏》
[類語]金魚和金琉金獅子頭・土佐金・和唐内朱文金出目金

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「蘭鋳」の意味・読み・例文・類語

らん‐ちゅう‥チウ【蘭鋳・蘭虫チュウ】

  1. 〘 名詞 〙
  2. キンギョの品種。体形はほぼ卵形で、背びれがなく、腹部がふくらむ。体色は黄色みの強い赤色のものが多い。一定の時期になると頭部に肉こぶができるので獅子頭(ししがしら)と呼ばれる。高級キンギョで、体質は弱く飼育がむずかしい。丸子(まるこ)。《 季語・夏 》 〔金魚養玩草(1748)〕
    1. [初出の実例]「金魚に異種あり、形小尾大にして大腹のものあり、常に尾を上に首を下に游ぐ、京坂これを蘭虫と云、らんちうと訓ず」(出典:随筆・守貞漫稿(1837‐53)五)
  3. 居眠りのこと。
    1. [初出の実例]「人の咄をする内らんちうをしながら〈此らんちうとは居ねふる事也〉」(出典:洒落本・富賀川拝見(1782)尾竹屋の段)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版 「蘭鋳」の解説

蘭鋳 (ランチュウ)

動物コイ科のキンギョの一品種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android