虫食い(読み)ムシクイ

デジタル大辞泉 「虫食い」の意味・読み・例文・類語

むし‐くい〔‐くひ〕【虫食い/虫×喰い】

虫が食うこと。また、そのあと。「―の古本」「―の葉」
陶磁器の縁に表れたうわぐすりの小さな剝落はくらくのあと。虫が食ったあとに似る。釉が素地きじによく付着していないとできる。中国明代末期の古染め付けに多くみられ、茶人が賞玩しょうがんした。
スズメ目ムシクイ科ムシクイ属の鳥の総称。日本ではセンダイムシクイメボソムシクイ・エゾムシクイ・イイジマムシクイが繁殖。羽色はいずれも暗緑色で白い眉斑があり、似ているが、さえずりが異なる。林にすみ昆虫クモ主食とする。
老いたうぐいすのこと。
「夏、秋の末まで老い声に鳴きて、―など、ようもあらぬ者は」〈・四一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暖冬

冬期3カ月の平均気温が平年と比べて高い時が暖冬、低い時が寒冬。暖冬時には、日本付近は南海上の亜熱帯高気圧に覆われて、シベリア高気圧の張り出しが弱い。上層では偏西風が東西流型となり、寒気の南下が阻止され...

暖冬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android