血統(読み)けっとう

精選版 日本国語大辞典 「血統」の意味・読み・例文・類語

けっ‐とう【血統】

〘名〙 人または家畜で、先祖との血縁的な関係をいう。また、その関係のあること。血筋血脈血気
合巻・裙模様沖津白浪(1828)浜松家決断所の場「コレ、血統の伜、親もこの儘切腹いたさば末代までの家名の穢れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「血統」の意味・読み・例文・類語

けっ‐とう【血統】

祖先から続いている血のつながり。血すじ。「一族血統が絶える」
[類語]家系家筋血筋血脈筋目毛並み家門一門一族血族うじ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「血統」の解説

血統

英国の作家ディック・フランシスのミステリー(1967)。原題《Blood Sport》。競馬界を舞台にしたシリーズの第6作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

普及版 字通 「血統」の読み・字形・画数・意味

【血統】けつとう

血すじ。

字通「血」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android