親善(読み)シンゼン

デジタル大辞泉 「親善」の意味・読み・例文・類語

しん‐ぜん【親善】

互いを知り合って、仲よくすること。「親善を深める」「国際親善試合」
[類語]善隣和親修好親和宥和協和

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「親善」の意味・読み・例文・類語

しん‐ぜん【親善】

  1. 〘 名詞 〙 親しんで仲よくすること。
    1. [初出の実例]「朝正三日、〈略〉各々至親善」(出典洒落本・東都青楼八詠并略記(1775))
    2. 「親善を厚うするとか、相互の利害を議するとか」(出典:菊池君(1908)〈石川啄木〉二)
    3. [その他の文献]〔後漢書‐范冉伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「親善」の読み・字形・画数・意味

【親善】しんぜん

友好

字通「親」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android