訓義(読み)くんぎ

精選版 日本国語大辞典 「訓義」の意味・読み・例文・類語

くん‐ぎ【訓義】

〘名〙 漢字の読みと意義
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉六「註釈や訓義は学究のやる事で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「訓義」の意味・読み・例文・類語

くん‐ぎ【訓義】

漢字の読みと意味

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「訓義」の読み・字形・画数・意味

【訓義】くんぎ

訓釈。唐・韓〔兵部李侍郎に上(たてまつ)る書〕に經傳記、百家を究窮することを得、訓義に沈潛し、句讀に反し、事業(ろうま)(みがきあげ)し、に奮發す。

字通「訓」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android