証義・精義(読み)しょうぎ

精選版 日本国語大辞典 「証義・精義」の意味・読み・例文・類語

しょう‐ぎ【証義・精義】

〘名〙 仏語
経典訳出にあたって訳語訳文の正否を検討する役。
参天台五台山記(1072‐73)四「訳経証義西天広梵大師賜紫天吉祥中天竺人也」 〔翻訳名義集‐一〕
最勝会法華会(ほっけえ)などの法会(ほうえ)論義の時、解答者の問答当否を判断する役。証誠(しょうしょう)
※維摩会方考例‐延久三年(1071)「早可仕精義之役也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android