試練(読み)シレン

デジタル大辞泉 「試練」の意味・読み・例文・類語

し‐れん【試練/試×煉】

信仰決心のかたさや実力などを厳しくためすこと。また、その時に受ける苦難。「厳しい―を受ける」「―に耐える」
[類語]苦しみ苦難苦痛四苦八苦七転八倒いばら災い災害災難被害禍害惨害惨禍災禍被災天変地異天災人災地変風害風水害冷害霜害雪害干害渇水旱魃水涸れ病虫害虫害煙害公害薬害災厄凶事禍根舌禍筆禍危難国難水難水禍海難受難遭難罹災貧乏くじ馬鹿を見る弱り目にたたり目泣き面に蜂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「試練」の意味・読み・例文・類語

し‐れん【試練・試煉・試錬】

  1. 〘 名詞 〙 さまざまなことを試みて人をきたえること。また、ある事を成し遂げたり人生を送っていったりする上でぶつかる苦難。それによって精神的にきたえられる場合についていう。
    1. [初出の実例]「冝其正身、准式試練」(出典続日本紀‐和銅五年(712)四月丁巳)
    2. 「恰かも失誤の事の、却って最善の試練となるが如し」(出典:西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一)
    3. [その他の文献]〔劉憲‐上東宮勧学啓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「試練」の読み・字形・画数・意味

【試練】しれん

試みきたえる。唐・劉憲〔東宮に上(たてまつ)りて学を勧むる啓〕常人の讀書は、祿を干(もと)むるに擬す。事須(すべか)らく熟にして、乃ち試に堪ふべし。殿下副君の位に居り、世の才り。豈にね、句をむことを假(か)らんや。

字通「試」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android