詩抄(読み)ししょう

精選版 日本国語大辞典 「詩抄」の意味・読み・例文・類語

し‐しょう ‥セウ【詩抄】

〘名〙 詩の抜き書き。詩を抜き出して集めた書物
※うたかたの記(1890)〈森鴎外〉中「ギョオテ、シルレルの詩抄半ばじゅして」 〔隋書注‐経籍志四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「詩抄」の意味・読み・例文・類語

し‐しょう〔‐セウ〕【詩抄/詩×鈔】

多くの詩の中から、ある目的もとに抜き書きして書物にしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android