諸種(読み)ショシュ

デジタル大辞泉 「諸種」の意味・読み・例文・類語

しょ‐しゅ【諸種】

いろいろの種類。種々。
[類語]広い幅広い手広い広範広範囲多方面多角多面多岐さまざま各種種種いろいろ多様多様化多面的多種多種多様多彩数数いろんなとりどり色とりどり諸諸もろもろ百般万般諸般多元多元的多角的横断的複眼的おしなべて一般全般に総じて概して多くおおむね大概普通通例通常一体に総体およそあまね雑多よろず各人各様十人十色千差万別マルチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「諸種」の意味・読み・例文・類語

しょ‐しゅ【諸種】

  1. 〘 名詞 〙 いろいろの種類。くさぐさ。種々。
    1. [初出の実例]「諸種応相妬、頻芸自得常」(出典田氏家集(892頃)下・禁中瞿麦花詩三十韻)
    2. 「悪いことが止むを得ず行はれて、諸種な弊害がともなったもので」(出典:女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉一〇)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android