谷 幹一(読み)タニ カンイチ

新撰 芸能人物事典 明治~平成 「谷 幹一」の解説

谷 幹一
タニ カンイチ


職業
俳優 コメディアン

本名
西村 昌明(ニシムラ マサアキ)

旧名・旧姓
高本 昌明(コウモト マサアキ)

別名
芸名=谷 昌明

生年月日
昭和7年 11月21日

出身地
東京市(東京都) 麹町区飯田町(千代田区)

学歴
東京都立農芸高〔昭和25年〕中退

経歴
昭和25年東京都立農芸高校中退後、東京・新宿のムーラン・ルージュに最後の研究生として入る。26年解散後は地方巡業を経て、27年浅草のフランス座へ。ここで渥美清、関敬六と出会う。30年戦前の俳優・谷幹一と似ているといわれたことから、芸名を谷昌明から谷幹一とした。33年テレビ草創期の人気ドラマ「月光仮面」に出演、おっちょこちょいの探偵助手・袋五郎八役で人気を博し、その名を知られた。34年渥美、関と3人でトリオ・スリーポケッツを結成。首をかしげニュッと目をむくポーズがトレードマークの実力派コメディアンの一人で“タニカン”の愛称で親しまれ、スリーポケッツ解散後は舞台の他に、テレビ「細うで繁盛記」「どてらい男」「あかんたれ」「江戸を斬る」「白い巨塔」や映画「九ちゃんのでっかい夢」「男はつらいよ・夜霧にむせぶ寅次郎」などで名脇役として活躍。アニメトムジェリー」のナレーターも務めた。平成12年日本喜劇人協会副会長。19年の舞台「TOMORROW〜こころの翼をひろげて」が遺作となった。他の出演作に映画「消えた私立探偵」「ゼロファイター・大空戦」「幻の湖」「しのぶの明日」、テレビ「夢であいましょう」「大岡越前」「翔んでる!平賀源内」「コメディーお江戸でござる」などがある。

没年月日
平成19年 6月25日 (2007年)

家族
妻=玉川 みどり(日劇ダンシングチーム7期生)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android