貸主(読み)かしぬし

精選版 日本国語大辞典 「貸主」の意味・読み・例文・類語

かし‐ぬし【貸主】

〘名〙 金銭物品などを貸す人。貸借契約債権者。貸し手。⇔借主
浮世草子西鶴織留(1694)二「其切を過ぐれば、借主(カシヌシ)より催促せられ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「貸主」の意味・読み・例文・類語

かし‐ぬし【貸(し)主】

金銭や物品などを貸した当人。貸し手。⇔借り主
[類語]貸し元貸し手

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android