越後(読み)エチゴ

デジタル大辞泉 「越後」の意味・読み・例文・類語

えちご〔ヱチゴ〕【越後】

旧国名北陸道7か国の一。現在の新潟県の、佐渡を除く全域にあたる。こしの国天武天皇時代に3分して成立古称、こしのみちのしり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「越後」の意味・読み・例文・類語

えちごヱチゴ【越後】

  1. 北陸道七か国の一国越国(こしのくに)が、持統天皇のとき三分してできた。鎌倉時代には比企・佐々木・名越氏が守護室町時代から上杉氏領地となり、江戸時代小藩に分かれる。廃藩置県で新潟県と柏崎県に分かれ、明治六年(一八七三)新潟県に合併

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android