通常(読み)ツウジョウ

デジタル大辞泉 「通常」の意味・読み・例文・類語

つう‐じょう〔‐ジヤウ〕【通常】

特別でなく、普通の状態であること。世間一般にみられる状態であること。副詞的にも用いる。「通常は家にいる」「通常7時に起きる」
普通[用法]
[類語]平凡ありきたり凡俗ありふれる一般一般的尋常平常通例標準標準的平均的つねただ当たり前常並み世間並み十人並み月並み凡庸日常茶飯日常茶飯事平平凡凡常套決まりお定まり平板類型的紋切り型芸がないノーマルレギュラースタンダード普通不断全般に総じて概して多くおしなべておおむね大概一体に総体およそ・広く・遍く広い幅広い手広い広範広範囲多方面多角多面多岐さまざま各種種種諸種いろいろ多様多様化多面的多種多種多様多彩数数いろんなとりどり色とりどり諸諸もろもろ百般万般諸般多元多元的多角的横断的複眼的日頃ひごろ常日頃つねひごろ常常いつも平生へいぜい平素日常常時常住行住座臥ぎょうじゅうざが常に絶えず終始始終ずっと日夜夜昼絶え間ない明け暮れ明けても暮れても寝ても覚めても朝な夕な昼夜をおかず昼夜を分かたず夜を日に継ぐ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「通常」の意味・読み・例文・類語

つう‐じょう‥ジャウ【通常】

  1. 〘 名詞 〙 ( 形動 ) 世間一般に、ごくふつうに見られる状態であること。日常的に用いられる状態であること。並であること。また、そのさま。ありきたり。あたりまえ。通例。
    1. [初出の実例]「通常射発の後、直ちに自ら地上に俯伏し」(出典:玉石志林(1861‐64)三)
    2. 「村荘の中に妾を囲ひ置候などは、其比通常の事の様に聞及び候」(出典:当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一九)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「通常」の読み・字形・画数・意味

【通常】つうじよう

普通。

字通「通」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android