遺骨(読み)ゆいこつ

精選版 日本国語大辞典 「遺骨」の意味・読み・例文・類語

ゆい‐こつ【遺骨】

〘名〙 死後にのこる骨。死者の骨。いこつ。
高野本平家(13C前)三「有王は俊寛僧都の遺骨(ユイコツ)を頸にかけ、高野へのぼり」

い‐こつ ヰ‥【遺骨】

〘名〙 死者の骨。火葬などのあとに残った骨。ゆいこつ。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉五「宇和島の土になりに行く一片の遺骨を送って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「遺骨」の意味・読み・例文・類語

い‐こつ〔ヰ‐〕【遺骨】

死者の骨。火葬などにしてあとに残った骨。また、戦没者の骨。
[類語]遺髪遺品形見遺物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「遺骨」の解説

遺骨〔小説:アーロン・エルキンズ〕

米国の作家アーロン・エルキンズの本格ミステリー(1991)。原題《Make No Bones》。“スケルトン探偵”ギデオン・オリヴァーのシリーズ第7作。

遺骨〔小説:内田康夫〕

内田康夫の長編推理小説。1997年刊行。浅見光彦シリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

葬儀辞典 「遺骨」の解説

遺骨

火葬などにして、後に残った骨。=骨あげ(こつあげ)故人を身近に偲ぶために遺骨でダイヤモンドを作ったり、遺骨携帯用のペンダントなどがあります。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

世界大百科事典内の遺骨の言及

【納骨】より

…死者の遺骨を霊場に納めて,その魂の成仏鎮魂を祈ること。7世紀末から8世紀初頭に,仏教葬である火葬の採用からはじまった。…

※「遺骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android