邸宅(読み)テイタク

デジタル大辞泉 「邸宅」の意味・読み・例文・類語

てい‐たく【邸宅/第宅】

家。すまい。特に、構えが大きくて、りっぱな造りの家。やしき。邸第。「―を構える」「大―」
[類語]豪邸屋敷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「邸宅」の読み・字形・画数・意味

【邸宅】ていたく

やしき。〔東観漢記、十、竇融〕竇氏は一王・兩侯・三・四二千石、より孫にぶまで、官府邸宅相ひみ、奴婢千數あり。親戚功臣と雖も、與(とも)に比を爲す(な)し。

字通「邸」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android