醜業婦(読み)しゅうぎょうふ

精選版 日本国語大辞典 「醜業婦」の意味・読み・例文・類語

しゅうぎょう‐ふ シウゲフ‥【醜業婦】

〘名〙 いやしい職業の女性。特に、売春によって生活している女。淫売婦売笑婦
郵便報知新聞‐明治二六年(1893)五月一六日「死して瞑する能はず、醜業婦の末路憐むべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「醜業婦」の意味・読み・例文・類語

しゅうぎょう‐ふ〔シウゲフ‐〕【醜業婦】

売春婦

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android