金山(読み)かなやま

百科事典マイペディア 「金山」の意味・わかりやすい解説

金山[町]【かなやま】

岐阜県中部,益田(ました)郡の旧町。大部分飛騨高地で,南流する馬瀬(まぜ)川と益田川合流点に中心集落がある。美濃から飛騨への入口をなす飛騨街道の要地であった。高山本線が通じ,木材,茶,米などを産する。中山七里(なかやましちり)がある。2004年3月益田郡萩原町,小坂町,下呂町,馬瀬村と合併し,下呂市となる。167.84km2。7727人(2003)。

金山[町]【かねやま】

福島県西部,大沼郡の町。町域のほとんどが山地で,只見川中流の河谷に集落が点在只見線が通じる。中心集落は川口。農林業を営む。カルデラ湖沼沢湖があり,湖水は発電に利用。只見川,野尻川沿いに金山谷温泉郷がある。293.92km2。2462人(2010)。

金山[町]【かねやま】

山形県北部,最上郡の町。山林が広く,杉の美林が多い。米作畜産,林業などが盛ん。国道13号線に沿う主集落はかつては羽州街道の宿町として栄え,定期市も開かれていた。東日本大震災で,町内において被害が発生。161.67km2。6365人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android