鉄板(読み)てっぱん

精選版 日本国語大辞典 「鉄板」の意味・読み・例文・類語

てっ‐ぱん【鉄板】

〘名〙 鉄を延ばして板状にしたもの。鉄の延べ板。てついた。
サントスの御作業(1591)二「ソノ セナカ ニ カエンノ teppan(テッパン) ヲ アテテ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「鉄板」の意味・読み・例文・類語

てっ‐ぱん【鉄板】

鉄を延ばして板状にしたもの。鉄の板。
1が硬いことから)俗に、間違いないこと、確実であることをいう。本命定番。競馬・競輪などでの用法が一般化したもの。「鉄板レース」「鉄板ねた」
[類語]確実正確的確明確確か精確安全はっきり定か明らか明白確固確然必至必然必定最右翼本命有力

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android