鎌倉のおばさん(読み)カマクラノオバサン

デジタル大辞泉 「鎌倉のおばさん」の意味・読み・例文・類語

かまくらのおばさん〔かまくらのをばさん〕【鎌倉のおばさん】

村松友視小説。平成9年(1997)刊行祖父かつ養父である村松梢風内縁の妻の死をきっかけに、自身の複雑な生い立ちを振り返る私小説風の作品。第25回泉鏡花文学賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android