長子(読み)ちょうし

精選版 日本国語大辞典 「長子」の意味・読み・例文・類語

ちょう‐し チャウ‥【長子】

〘名〙 最も年長の子。第一番目の子。総領。ふつう男子にいう。嫡子長男
懐風藻(751)葛野王伝「王子者、淡海帝之孫、大友太子之長子也」
神皇正統記(1339‐43)下「后腹の長子にてましまししかども」 〔易経‐序卦〕

え‐こ【長子】

〘名〙 (「兄子(えこ)」の意) 長男。長子。
書紀(720)大化五年三月(北野本訓)「大臣、長子(エコ)の興志(こし)に謂て曰はく、汝、身愛(をし)むや、といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「長子」の意味・読み・例文・類語

ちょう‐し〔チヤウ‐〕【長子】

はじめに生まれた子。総領。ふつう男子にいう。⇔末子まっし
[補説]書名別項。→長子
[類語]総領初子はつご初子ういご次子末っ子長男長女次男次女長兄次兄長姉・次姉

ちょうし【長子】[書名]

中村草田男の第1句集。昭和11年(1936)刊行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「長子」の読み・字形・画数・意味

【長子】ちようし

長男。

字通「長」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android