開通(読み)カイツウ

デジタル大辞泉 「開通」の意味・読み・例文・類語

かい‐つう【開通】

[名](スル)鉄道道路電話など、交通通信機関施設が完成して通じること。「高速道路開通する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「開通」の意味・読み・例文・類語

かい‐つう【開通】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 開け通じること。障害などを除き、よく通ずるようになること。
    1. [初出の実例]「忽ちに心地を開通し浄刹に往生して」(出典:貞享版沙石集(1283)九)
  3. 鉄道、道路、電話などが完成して通じること。〔改正増補和英語林集成(1886)〕〔礼記月令

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android