閲する(読み)ケミスル

デジタル大辞泉 「閲する」の意味・読み・例文・類語

けみ・する【閲する】

[動サ変][文]けみ・す[サ変]
調べる。見て確かめる。あらためる。「対日関係の文献を―・する」
「店々の窓に曝せる仮粧の衣類を―・しつ」〈鴎外訳・即興詩人
年月を過ごす。経る。「郷里を出て20年の歳月を―・した」
[類語](1検する調べるえっする改める検査する点検する検分する吟味する実検する臨検する検閲する査閲する監査する調査するチェックする/(2経つ過ぎる経る移る過ぎ去る過ぎ行く経過

えっ・する【閲する】

[動サ変][文]えっ・す[サ変]
読む。目を通して調べる。「下刷りを―・する」
経過する。けみする。
「其の後三箇月を―・して」〈中村訳・西国立志編
[類語]調べる検するけみする改める検査する点検する検分する吟味する実検する臨検する検閲する査閲する監査するチェックする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android