閲歴(読み)エツレキ

デジタル大辞泉 「閲歴」の意味・読み・例文・類語

えつ‐れき【閲歴】

[名](スル)
人が今まで社会的にたどってきた跡。経歴履歴
経験すること。
「只それ丈の刹那せつな知覚を―したというに過ぎなかったので」〈鴎外
[類語]経歴履歴前歴略歴過去学歴職歴病歴素性生い立ち育ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「閲歴」の意味・読み・例文・類語

えつ‐れき【閲歴】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ( ━する ) 年月など時間が過ぎ去ること。経過すること。〔旧唐書‐吐蕃伝〕
  3. 人がそれまで経てきた事柄次第。経歴。履歴。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕
    1. [初出の実例]「不幸なる閲歴を聞きて」(出典:舞姫(1890)〈森鴎外〉)
  4. ( ━する ) 人が物事に接して知識技能などを得ること。また、その得たもの。経験。
    1. [初出の実例]「我等毎日の閲歴よりして、得るところの実益は、遙かに学校の教の上(かみ)に出でたり」(出典西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「閲歴」の読み・字形・画数・意味

【閲歴】えつれき

経過する。清・石濤〔梅竹小幅、四首、一〕六するに、惟だ隱 離たる殘臘、倍(ますます)

字通「閲」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android