難色(読み)なんしょく

精選版 日本国語大辞典 「難色」の意味・読み・例文・類語

なん‐しょく【難色】

〘名〙 むずかしいと思うような顔色。不承知らしい様子。また、相手を非難しようとするような顔つき。
明暗(1916)〈夏目漱石〉一五二「勿論其所へ行き着く迄にはお延にも多少の難色(ナンショク)があった」 〔魏志‐杜虁伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「難色」の意味・読み・例文・類語

なん‐しょく【難色】

不承知らしいようす。また、非難するような顔つき。「難色を示す」
[類語]一蹴拒否拒絶不承知不同意異議異論異存批判抵抗難色を示す異を唱える異を立てる首を振る首を横に振るかぶりを振る如何なものか蹴る断る拒むいな辞する謝する謝絶する辞退する固辞する遠慮する拝辞する退けるね付ける突っねる峻拒しゅんきょする不服不平不満不満足不足鬱憤うっぷん物足りないあっけないあえない飽き足りない食い足りない意に満たない期待外れ当て外れ不本意いら立ちいらつくいら立つ今一いまいち今一つもう一つ不完全燃焼フラストレーションクレーム鬱積うっせき心外愚痴繰り言ぐずぐず首をひねる口を尖らす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「難色」の読み・字形・画数・意味

【難色】なんしよく

不満とする態度。〔三国志、魏、杜伝〕(き)、律を善くし、思人ぐ。絲竹、能(よ)くせざる靡(な)し。~~嘗(かつ)て~等をして、客の中に於て笙を吹き琴を鼓せしむ。り。是れに由りてばず。

字通「難」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android