青海原(読み)あおうなばら

精選版 日本国語大辞典 「青海原」の意味・読み・例文・類語

あお‐うなばら あを‥【青海原】

〘名〙 (古くは「あおうなはら」) 青々として広い海。
万葉(8C後)二〇・四五一四「阿乎宇奈波良(アヲウナハラ)かぜなみなびき往(ゆ)くさ来(く)さつつむこと無く舟ははやけむ」
土左(935頃)承平五年一月二〇日「あをうなはらふりさけ見れば春日なる三笠の山にいでし月かも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「青海原」の意味・読み・例文・類語

あお‐うなばら〔あを‐〕【青海原】

一面に青く広々とした海。大海。あおうみ。
[類語]海洋大洋大海海原領海公海大海原内海うちうみ内海ないかい外海そとうみ外海がいかいわたつみ外洋沿海沿岸近海遠海遠洋絶海四海七つの海

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダモクレスの剣

常に身に迫る一触即発の危険な状態をいう。シラクサの僭主ディオニュシオス1世の廷臣ダモクレスが王者の幸福をたたえたので,王がある宴席でダモクレスを王座につかせ,その頭上に毛髪1本で抜き身の剣をつるし,王...

ダモクレスの剣の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android