飛騨(読み)ヒダ

デジタル大辞泉 「飛騨」の意味・読み・例文・類語

ひだ【飛騨】

旧国名の一。現在の岐阜県北部。飛州
岐阜県北端の市。平成16年(2004)古川町河合村宮川みやがわ村、神岡町が合併して成立。人口2.7万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「飛騨」の意味・読み・例文・類語

ひだ【飛騨】

  1. [ 一 ] 東山道八か国の一国。大化改新後に成立。南北朝・室町時代以後、佐々木・京極氏が守護豊臣秀吉の命で金森長近三木氏を征服した後、高山城を築城し、江戸初期まで金森氏が支配。中期以降は幕府直轄地。廃藩置県後は筑摩県に属し、明治九年(一八七六)岐阜県北部となる。飛州。騨州
  2. [ 二 ] 岐阜県北端の地名宮川・高原川流域を占める。神岡鉱山があった。平成一六年(二〇〇四市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android