騒動(読み)そうどう

精選版 日本国語大辞典 「騒動」の意味・読み・例文・類語

そう‐どう サウ‥【騒動】

〘名〙
① (━する) 大ぜいの人々がさわぎたてること。乱れさわぐこと。
※日本後紀‐大同五年(810)九月一〇日「縁遷都事、人心騒動」
今昔(1120頃か)二五「大きに兵を発(おこ)して責め来るに、国の内騒動して、不靡(なびかず)と云事なし」 〔孫子‐用間〕
② (━する) 事変がおこること。天災など、非常事態がおこること。
※香取文書‐文治二年(1186)六月日・摂政〈藤原兼実〉家政所下文「天下騒動出来畢」
③ (━する) 大きなもめごとがおこること。争い
※石山寺所蔵虚空蔵念誦次第裏文書‐康保三年(966)三月一七日・藤原忠平解「方今謹案事情、公忠宿衛騒動之時、無犯之由、公家是所知食也」
随筆胆大小心録(1808)六二「是皆つしまの家老平田将監と云ふ人の欲心から出来たさう動じゃとさ」
④ 江戸時代、文化(一八〇四‐一八)から幕末へかけての流行語。大変、おおごと、一大事の意で用いた。〔大坂繁花風土記(1814)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「騒動」の意味・読み・例文・類語

そう‐どう〔サウ‐〕【騒動】

多人数が騒ぎたてて秩序が乱れること。また、そのような事件や事態。「騒動を起こす」
もめごと。争い。「お家―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「騒動」の読み・字形・画数・意味

【騒動】そう(さう)どう

みだれさわぐ。〔史記生伝〕兩雄(とも)には立たず。楚・項羽劉邦)久しく相ひ持して決せず。百姓騷動し、(えうたう)す。農夫は耒(すき)を釋(す)て、工女を下る。

字通「騒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android