高座(読み)コウザ

デジタル大辞泉 「高座」の意味・読み・例文・類語

こう‐ざ〔カウ‐〕【高座】

寄席などで、芸人が芸を演じるための一段高い所。劇場の舞台に相当する。「高座をつとめる」「高座にのぼる」
天皇や将軍が、謁見などのときにすわる座席。
主賓・年長者などのために設けた高い位置の座席。上座。
寺院で、僧が説法などをするときにすわる一段高い席。

たか‐くら【高座】

一段高く設けた座席。天皇の玉座などの類。こうざ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「高座」の意味・読み・例文・類語

こう‐ざカウ‥【高座】

  1. [ 1 ] 〘 名詞 〙
    1. 天皇や将軍が謁見の時などにすわる御座所。
      1. [初出の実例]「前一日整設御座於太極殿、敷高座錦」(出典:内裏式(833)元正受群臣朝賀式)
    2. 主賓や身分の高い人、または、年輩者などがすわる席。通常は床の間に近い席。上座(かみざ)上席
      1. [初出の実例]「無官なるも高坐(カウサ)に処(しょ)し、御(きみ)の御坐(ござ)て」(出典:雑談集(1305)九)
    3. 説教などの時、説教師や僧侶などがすわる一段高くしつらえた席。また、その席で説法をすること。たかくら。
      1. [初出の実例]「正月最勝王経斎会堂装束〈略〉高座二具」(出典:延喜式(927)一三)
      2. 「はじめゐたる人々も〈略〉かうざのもとちかきはしらもとにすゑつれば」(出典:枕草子(10C終)三三)
    4. 社会的な高い位地。
      1. [初出の実例]「ヲヲクノ シンルイ、チインノ アルコトヲ ヨロコビ cǒzauo(カウザヲ) タノシミ」(出典:コンテムツスムンヂ(捨世録)(1596)三)
    5. 講釈師が講釈を行なう一段高い座席。後に寄席で芸人が芸を演ずるために、一段高くした席をいい、また、一般に寄席をもいう。
      1. [初出の実例]「高座(カウザ)談議に辻談議」(出典:洒落本・風俗八色談(1756)一)
    6. 銭湯番台
  2. [ 2 ] 神奈川県の中南部の郡。相模川馬入川)と境川にはさまれた地域で、相模湾に面する。古くは「たかくら」といい、高倉・鷹倉・田倉とも書いた。

たか‐くら【高座】

  1. 〘 名詞 〙 周囲から一段高くなった座席。天皇の玉座や、寺院の仏像の前方両脇にあって儀式の際に僧侶の坐る高い座の類。こうざ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「高座」の意味・わかりやすい解説

高座 (こうざ)

寄席で芸を演じる場所,舞台。元来は僧侶が弟子に講義したり,信者に説教をする場合の高い壇を意味した。寄席の高座は,1807年(文化4),講釈師伊東燕晋えんしん)の出願によって官許されたものという。しかし,文化・文政(1804-30)ごろの初期の寄席は高座がないのが普通で,小さな壇がある程度だった。天保(1830-44)ごろから,間口9尺(約2.7m)から2間(約3.6m),奥行9尺ぐらいの高座ができ,明治以後現在までの大きな寄席では,間口3,4間となった。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「高座」の意味・わかりやすい解説

高座
こうざ

寄席(よせ)の舞台。もとは仏教語で、釈尊(しゃくそん)が成道(じょうどう)したという金剛宝座をかたどり、説教のときに一般席より高く設けた台。これが話芸の世界に導入され、落語や講談など寄席芸を演ずる者が座る台をいうようになった。文化(ぶんか)(1804~18)のころ講釈師の伊東燕晋(えんしん)が畳1枚の大きさの固定した高座をつくったが、その後さまざまなくふうが加わり、やがて寄席ではステージそのものが高座になった。最近では大会場で寄席演芸が行われ、高座に緋毛氈(ひもうせん)をかけ、金屏風(きんびょうぶ)を背にする装置も施される。落語家が高座にあがるときに着る衣装を「高座着」といい、高座で使用する扇子(風(かぜ))を「高座扇子」ともいい、高座で敷く座布団を「高座布団」とよぶ。出演者が高座を降り、次の出演者が高座にあがる前に前座が出てきて、座布団をひっくり返し、前の出演者の羽織や湯飲みをかたづけ、メクリ(演者の名を記した紙)を次の演者にかえる仕事を「高座返し」とよんでいる。

[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

普及版 字通 「高座」の読み・字形・画数・意味

【高座】こう(かう)ざ

高い坐具。牀・倚子の類。唐・李白〔峨眉山月歌、蜀の僧晏の中京に入るを送る〕詩 金の師子(獅子座)、高座に乘じ 白玉の麈尾(しゆび)、重玄を談ず

字通「高」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「高座」の意味・わかりやすい解説

高座
こうざ
gao-zuo

仏教において,説教あるいは戒律を授けるために設ける高い座席。インドから中国に伝来し,それまでは低い座席しかなかった中国社会を驚かし,そこにすわって説教する僧に高座道人というあだ名さえ生れた。唐代から俗講が盛んになるにつれて,高座の制は民間芸能の場にも及び,現在日本の寄席の高座の語源になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android