高所(読み)コウショ

デジタル大辞泉 「高所」の意味・読み・例文・類語

こう‐しょ〔カウ‐〕【高所】

高い場所。「高所から地形俯瞰ふかんする」
高い立場。高い見地。「高所から大局を見通す」「大所高所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「高所」の意味・読み・例文・類語

こう‐しょカウ‥【高所・高処】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 高い場所。〔文明本節用集(室町中)〕
    1. [初出の実例]「海を抜くこと五千八十八尺の高処」(出典:湖畔手記(1924)〈葛西善蔵〉)
    2. [その他の文献]〔後漢書‐王常伝〕
  3. 高い見地。目先のことや現実利益にとらわれない高い次元・立場での考え方。
    1. [初出の実例]「高処に眼を着け悪習を改べき事」(出典:西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android