高潮間隔(読み)コウチョウカンカク(英語表記)high water interval

デジタル大辞泉 「高潮間隔」の意味・読み・例文・類語

こうちょう‐かんかく〔カウテウ‐〕【高潮間隔】

月が観測点子午線を通過してから満潮になるまでの時間潮候差

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

海の事典 「高潮間隔」の解説

高潮間隔

月が子午線上を通過してから高潮(満潮)になるまでの時間をいう。場所により、また月と太陽との相対位置・月齢によっても変化する。ある場所における高潮 間隔長年にわたる平均値平均高潮間隔と呼ぶが、これは一つの場所ではほぼ一定の値を示し、その場所の潮汐特性を示す重要な定数である。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android