(読み)イワシ

デジタル大辞泉 「鰯」の意味・読み・例文・類語

いわし【×鰯/×鰮】

ニシン科のマイワシウルメイワシカタクチイワシ科のカタクチイワシなどの海水魚の総称。ふつうはマイワシをさす。暖流に乗って回遊し、産卵期には近海に集まる。食用のほか、油をとったり、肥料飼料にしたりする。稚魚は、しらす 秋》「―やく煙とおもへ軒の煤/犀星
切れ味の悪い刀。鈍刀
「この―で切るか、この目でおどすか」〈浄・千本桜
[補説]「鰯」は国字
[類語]真鰯片口鰯潤目うるめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版 「鰯」の解説

鰯 (イワシ)

動物。マイワシ,ウルメイワシ,カタクチイワシの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android