ANZUS条約(読み)アンザスじょうやく(英語表記)ANZUS Treaty

改訂新版 世界大百科事典 「ANZUS条約」の意味・わかりやすい解説

ANZUS条約 (アンザスじょうやく)
ANZUS Treaty

1951年9月1日にサンフランシスコ締結された,オーストラリアニュージーランド,アメリカ間の太平洋安全保障条約のこと。3国の頭文字をとってアンザスと言う。翌年4月に発効。有効期間は無制限。1国が武力攻撃を受けたときは,自国の憲法上の手続に従って共通の危険に対処することなどを定めている。この条約は,日本とのサンフランシスコ講和条約の締結(1951年9月8日)と対日占領解除に伴い,日本の軍国主義復活からオーストラリア,ニュージーランドを守るというアメリカによる保障意味を持っていたが,同時に,前後して締結された米比相互防衛条約(1951年8月30日)や日米安全保障条約(1951年9月8日)とともに,アメリカのアジア地域における反共軍事体制の一環としての意味も持っている。さらにオーストラリア,ニュージーランドにとって,イギリスからアメリカへという軍事的パートナーの転換をも意味していた。時を経るにつれて,対日防衛という意味合いは薄れてきている。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「ANZUS条約」の意味・わかりやすい解説

ANZUS条約【アンザスじょうやく】

太平洋安全保障条約とも。1951年オーストラリア(A),ニュージーランド(NZ),米国US)3国間に調印された太平洋安全保障条約のことで,ANZUSは3国の頭文字に由来する。この条約に基づく組織は太平洋理事会とも呼ばれる。当初は対日防衛という意味が濃かったが,同年に調印された米・フィリピン相互防衛条約,日米安全保障条約とも深い関連をもつ。
→関連項目バンデンバーグ決議メンジーズ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android