Wボソン(読み)ダブリューボソン

デジタル大辞泉 「Wボソン」の意味・読み・例文・類語

ダブリュー‐ボソン【Wボソン】

W boson》素粒子間の弱い相互作用を媒介するウイークボソンの一。質量陽子の約86倍、スピンは1、電荷は1または-1をとる。ワインバーグサラム理論でその存在が予言され、1983年にCERNの陽子・反陽子衝突実験で実証された。WボゾンW粒子W中間子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「Wボソン」の意味・わかりやすい解説

Wボソン【ダブリュボソン】

素粒子間の弱い相互作用(〈相互作用参照)を媒介する粒子。電荷が正のW(+/)と電荷が負のW(-/),および中性のZ(0/)(ゼットゼロボソン,中性ウィークボソンともいう)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

推し

他の人にすすめること。また俗に、人にすすめたいほど気に入っている人や物。「推しの主演ドラマ」[補説]アイドルグループの中で最も応援しているメンバーを意味する語「推しメン」が流行したことから、多く、アイ...

推しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android