Yahoo!辞書

kotobank > アニマルセラピーとは

 

アニマルセラピー 【あにまるせらぴー】

  • 5件の用語解説(アニマルセラピーで検索)

知恵蔵2014の解説

動物介在療法(AAT)と動物介在活動(AAA)を合わせて、日本造語された言葉と思われる。動物介在療法では、動物一緒運動などを行うことにより、患者興味ややる気が高まり、治療効果が上がる例もあるとされている。それ以外医療福祉面での動物介在の効果として、心臓病患者に対する効果、高齢者の運動と健康促進への効果、人間の精神的健康への効果、小児病棟などにおける患者の精神的サポートなども知られている。日本では、日本動物病院福祉協会の「人と動物の触れ合い活動(CAPP)」に代表される動物介在活動が行われてきた。これも、動物による精神的な癒し効果が認められていることから、アニマルセラピーの一部として論じられることが多い。また、子供教育に対する動物の効果を認め、教育現場に動物を介在させようという、動物介在教育(AAE)も進んでいる。
( 石田卓夫 日本臨床獣医学フォーラム代表 )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2007」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アニマルセラピー
animal therapy

動物との交流によってもたらされる精神的な影響をいかした精神療法一つ医療従事者主導により,ソーシャルワーカーら専門家を中心に行なわれるリハビリテーション精神障害情緒障害などの治療に動物を参加させる医療行為としての動物介在療法 Animal Assisted Therapy; AATと,動物を連れて施設を訪問するボランティアらのもとで動物との触れ合いを通じて精神面・肉体面の健康向上や癒やし効果を期待するレクリエーションとしての動物介在活動 Animal Assisted Activity; AAAとがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

犬や馬、イルカなどの動物を使って、障害者やお年寄りらの身体的、精神面の健康を向上させる活動。医師が参加した治療と呼べるアニマル・アシステッド・セラピー(AAT、動物介在療頬、動物との触れあいを重視するアニマル・アシステッド・アクティビティー(AAA、動物介在活動)、子どもたちへの教育を重視したアニマル・アシステッド・エデュケーション(AAE、動物介在教育)に区別される。
( 2010-05-01 朝日新聞 朝刊 生活1 )


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アニマルセラピー
 
動物との交流によって,病状などによい効果をもたらす療法。動物介在療法。 AAT 。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アニマル‐セラピー 【アニマルセラピー】
 
アニマルアシステッドセラピー」の略。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アニマルセラピーに近い言葉→アニマルアシステッドセラピー|セルセラピー|オキュペーショナルセラピー|スピリチュアルセラピー|セラピー|アニマルQ|プレーセラピー|セラピー犬|アニマルライト|汗ラピー

アニマルセラピーの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「アニマルセラピー」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月21日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ