Yahoo!辞書

kotobank > アメーバ赤痢とは

 

アメーバ赤痢 【あめーばせきり】

  • 5件の用語解説(アメーバ赤痢で検索)

家庭医学館の解説

あめーばせきり【アメーバ赤痢】
 
[どんな病気か]
 赤痢アメーバという原虫(げんちゅう)が感染しておこる赤痢で、感染症予防法の5類感染症に指定されています。
 世界各地でみられますが、とくに、熱帯亜熱帯に多くみられる病気です。日本では、まれな病気ですが、海外旅行へ行った人がもち帰った輸入感染症性感染症として、ときどき発見されます。
 赤痢アメーバは、下痢便(げりべん)の中から約30μm(マイクロメートル)(1μmは、1000分の1mm)の栄養型として見つかりますが、固形便の中からも抵抗性の強い嚢子(のうし)として検出されます。
 感染は、赤痢アメーバの混入した水を飲んでおこることが多いのですが、下肥(しもごえ)で育てた野菜、ハエやゴキブリが運んだ嚢子の混入した食物や、嚢子の保有者が調理した飲食物の摂取などでもおこります。
 同性愛者のアナルセックスで、性感染症としておこることもあります。
[症状]
 感染しても無症状のままのこともありますが、ふつうは、粘液(ねんえき)・血液のまじった下痢便が1日数回から二十数回おこり、下腹部が痛みます。発病して2~3日は軽く発熱しますが、その後は解熱します。
 体重減少し、貧血がおこります。ひどい場合は、肝臓(かんぞう)や肺に膿瘍(のうよう)ができます。
 細菌性赤痢カンピロバクター食中毒との鑑別必要です。消化器内科受診しましょう。便の顕微鏡検査で赤痢アメーバが証明されれば、診断確定します。
[治療]
 栄養型のアメーバが検出された場合は、メトロニダゾール系の薬の内服がよく効きます。
 肝臓に膿瘍ができた場合は、外科的な治療が必要になることもあります。
[予防]
 海外旅行などで流行地に滞在するときは、生水(なまみず)を飲むのを避け、飲食物は、加熱したものを食べるようにしましょう。


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

百科事典マイペディアの解説

アメーバ赤痢 【アメーバせきり】

赤痢アメーバの経口伝染による腸アメーバ症で赤痢症状を示すもの。熱帯に多いが温帯にも分布普通ゆるやかに発病し一般に熱もないが,やがて大腸直腸潰瘍(かいよう)を生じ,1日数回~十数回の下痢をする。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。
インタレストマッチ - 広告の掲載について


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

インタレストマッチ - 広告の掲載について

デジタル大辞泉の解説

アメーバ‐せきり 【アメーバ赤痢】
 
赤痢アメーバ経口感染によって大腸に潰瘍(かいよう)ができ、粘血便の下痢や腹痛などが起こる病気。しばしば慢性化し、再発を繰り返す傾向がある。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アメーバ赤痢
 
 ⇒アメーバ症


Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アメーバせきり【アメーバ赤痢】
 
赤痢アメーバの経口感染によって起こる感染症。熱帯・亜熱帯地方に多い。大腸粘膜に特有な潰瘍(かいよう)を作り,粘血便の下痢が数日間続く。再発を繰り返しやすい。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアメーバ赤痢の言及

【赤痢】より
…赤痢とは発熱,下腹部痛,粘液・血液を混じた頻回の下痢,しぶりばらtenesmus(裏急後重)を主要症状とする法定伝染病で,主として大腸粘膜の潰瘍性炎症を伴う腸管感染症である。その病原体によって細菌性赤痢とアメーバ赤痢に分類される。
[細菌性赤痢bacillary dysentery]
 病原体である赤痢菌は1897年志賀潔によって発見され,志賀の名にちなんでShigellaという属名がつけられた。…
※「アメーバ赤痢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アメーバ赤痢に近い言葉→赤痢アメーバ|赤痢アメーバ症|アメーバ運動|アカントアメーバ角膜炎|アカントアメーバ角膜炎の検査|アメーバ|アメーバ症|アメーバ性|アメーバピグ|急性アメーバ症

アメーバ赤痢の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「アメーバ赤痢」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月24日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ