Yahoo!辞書

kotobank > エンゲージリングとは

 

エンゲージリング 【エンゲージリング】

  • 3件の用語解説(エンゲージリングで検索)

結婚式・ウェディング用語集の解説

正式にはエンゲイジメントリングといい、婚約をしたカップルが、結納の際に男性から女性へと贈られる婚約指輪のことをいいます。プロポーズ時にサプライズで贈るケースもよくあります。マリッジリング結婚指輪)と比べ、大きな宝石があしらわれている豪勢な指輪が多いです。主にダイヤモンドメインの石として選ばれていますが、最近真珠誕生石など、自分好みにあった指輪を選ぶカップルもいます。以前はよく“婚約指輪は給料の3カ月分”といいましたが、全体の予算を考えた上で検討をすると良いでしょう。エンゲージリングの歴史は、紀元2世紀の古代ヨーロッパで始まったと言われています。古代ローマ時代に、契約履行の証しとして使われていたそうです。当時はシグニットリングと呼ばれ、男性はゴールドの指輪を、女性はカメオの指輪を贈る習慣でした。このリングを花嫁に与えることが、家事全般を取り仕切れる権利を認めることであるという意味があるとされました。13世紀ころまでは、エンゲージリング、マリッジリングの区別はなく、永遠に終わることのない円を、愛の象徴として花嫁に贈ったものでした。現在のように、エンゲージリングは婚約指輪、マリッジリングは結婚指輪になったのは13世紀以後といわれています。エンゲージリングにダイヤモンドが使われたのは、1477年、マキシミリアン大使が公女マリー結婚を申し込んだ時に贈ったリングに、「不屈の力」「永遠」を意味する石のダイヤモンドが使われたという記録からです。その後永遠に輝きを失わないダイヤモンドがエンゲージリングの定番になりました。 最近はマリッジリングと組み合わせて着けられるものや、シンプルデザインのエンゲージも人気です。左手薬指にはめるのは、左手の薬指が心臓とつながり、愛の血が流れているという古代エジプト人信仰由来しています。


©2005-2010 Wedding Princess All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エンゲージリング
 
婚約のしるしとして男性から女性に贈る指輪。贈られる人の誕生石をつけたものが多い。婚約指輪。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エンゲージ‐リング 【エンゲージリング】
 
《engagement ringから》婚約指輪。婚約のしるしとして、通常、男性から女性に贈る。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンゲージリングに近い言葉→エンゲージ・リング|ねじリングゲージ|ゲーリング|エンゲージ|エンゲージ (engage)|エンゲージメント|エンゲージブルー|ランゲージ|リングゲージ|ディスエンゲージメント

エンゲージリングの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「エンゲージリング」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月25日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ