Yahoo!辞書

kotobank > エンパワーメントとは

 

エンパワーメント 【えんぱわーめんと】

  • 8件の用語解説(エンパワーメントで検索)

グロービスのMBA経営辞書の解説

与えられた業務目標を達成するために、組織構成員に自律的に行動する力を与えること。ビジネスにおけるエンパワーメントの特徴は、「自律性を促し」、「支援する」ことにある。
「自律性を促す」とは、業務の遂行に当たって経営者やマネージャーが業務目標を明確に示す一方、その遂行方法については構成員の自主的な判断に委ねることをいう。
一方、「支援する」とは、具体的な指示解決策を従業員に与えるのではなく、構成員自信問題点を発見したり、不足する能力を開発したりする環境を整えることをいう。
この自立を促し、支援するといったことを上手駆使しつつ、組織としての目標を達成するために発揮するリーダーシップをエンパワーメント・リーダーシップという。

エンパワーメントは、ともすると、構成員の動きに統一性や一貫性がなくなり、組織の目標を実現できなくなる可能性があるため、ある程度の制御必要不可欠である。また、エンパワーメントする部下の能力を見極め、適切な業務を設定することも非常に重要となる。たとえば、部下の能力をはるかに超えた業務を任せた場合、いくら支援をしてもその部下は十分な能力を発揮することはできず、期待通りの結果を得ることは難しいであろう。

このような微妙バランスの上に成り立つエンパワーメントを成功に導くには、「経営理念ビジョン共有」「正当評価報酬」「能力の把握資源提供」という3つの要素に十分な配慮が必要になる。

権限委譲 」のページをご覧ください。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

エンパワーメントとは、「力(権限)を与える」という意味のempowerの名詞形で、ビジネス分野では「権限付与」とか「権限委譲」と訳される。比較的古くから用いられた言葉だが、CS経営やIT時代スピード経営が重要になるにつれ、迅速対応には現場顧客に近いところで仕事をしている人たちに権限を付与していく必要がある、という文脈盛んに使われるようになった。 一方、1995年の第4回世界女性会議の「北京宣言」の中で使われたことで、男女の機会均等女性差別撤廃キーワードとしても使われるようになった。また、公衆衛生地域保健健康貧困などの分野でも用いられており、それらの背景にあるパワーレスという問題を克服していくためのキーワードともなっている。これらの文脈では「能力開花」という意味で用いられている。
インタレストマッチ - 広告の掲載について


Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インタレストマッチ - 広告の掲載について

知恵蔵2014の解説

社会的弱者や被差別者が、自分自身の置かれている差別構造抑圧されている要因に気づき、その状況変革していく方法や自信、自己決定力を回復強化できるように援助すること。またはその理念。「庇護」や「救済」ではなく、本来権利人格を保つために力を付与する(エンパワー)という考え方に沿って、教育や支援を行う。フェミニズム運動や反差別運動から始まった。例えば、夫に抑圧されている妻が自助グループを利用し、自己の心理的・経済的自立を図る支援もその1つ。不当な力に対抗する知識手段権利意識習得を支援することで、主体的かつ能動的な権利擁護を目指す新しいアプローチ
( 中谷茂一 聖学院大学助教授 )

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2007」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エンパワーメント【empowerment】
 
力をつけること。また,女性が力をつけ,連帯して行動することによって自分たちの置かれた不利な状況を変えていこうとする考え方。
権限の委譲。企業において従業員の能力を伸ばすためや,開発援助において被援助国の自立を促進するために行われる。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典の解説

エンパワーメント(Empowerment)とは、組織の構成員一人ひとりが「力をつける」という意味。企業経営においては、組織としてのパフォーマンス最大化するために、現場に権限を与え、従業員の自主的・自律的な行動を引き出す支援活動を指します。
(2008/12/15掲載)


Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エンパワーメント 【empowerment】
 
権限を与えること。
社会福祉政策において、従来サービスを提供するやり方とは別に、受益者に直接手渡す補助金を増やして、それを選択する権利を与え、政府介入裁量を減らそうという考え

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

経営用語。組織の第一線に権限委譲する組織運営の方法。〈活用例〉顧客対応を円滑にするためには、エンパワーメントの強化が必要だ


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンパワーメントに近い言葉→ジェンダーエンパワーメント指数|エンパワーメント・リーダーシップ|パワー・ハラスメント|パワーハラスメント|パワーマネージメント|生鮮パワー|マンパワー|筋パワー|キャプテンパワー|ワーク・エンゲイジメント

エンパワーメントの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「エンパワーメント」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月19日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ