Yahoo!辞書

kotobank > カチンの森事件とは

 

カチンの森事件

  • 2件の用語解説(カチンの森事件で検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

第2次大戦下の1940年、ソ連捕虜となったポーランド将校らが、秘密警察内務人民委員部(NKVD)にカチンの森(ロシア西部)での約4400人を含め、計3カ所で約1万4500人銃殺された。ウクライナ西部などの刑務所にいた約7500人と合わせ犠牲者は2万人以上にのぼる。ソ連政権ナチス犯行主張冷戦終結後の90年にNKVDの銃殺と認めた。
( 2010-04-18 朝日新聞 朝刊 1外報 )


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カチンの森事件
カチンのもりじけん
Sprawa Katynia

第2次世界大戦中のソビエト連邦によるポーランド将校大量殺害事件。ソ連は 1939年9月にポーランドに侵攻し,約 1万5000人のポーランド将校を捕虜にした。そのうち 400人を除く大部分が所在不明となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カチンの森事件に近い言葉→カチンの森|ぽよよんの森|特急ゆふいんの森殺人事件|ポティロンの森|カチン族|ウィーンの森|あかちゃんのうた|カチン[州]|かちん太|カチン語

カチンの森事件の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「カチンの森事件」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 08月21日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ