Yahoo!辞書

kotobank > カルタ金とは

 

カルタ金 【カルタがね】

  • 1件の用語解説(カルタ金で検索)

大辞林 第三版の解説

カルタがね【カルタ金】
 
鎧(よろい)の札(さね)の一種。カルタ形の長方形の小鉄板。鎖でつづり,畳み具足などの甲冑(かつちゆう)を作る。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルタ金に近い言葉→カルタ会|犬棒カルタ|西洋カルタ|競技カルタ|天正カルタ|かるた会(歌留多会)|読ガルタ|カルタ結び|カルタ箱|伊呂波ガルタ

カルタ金の関連情報

ショッピング検索

「カルタ金」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月21日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ