Yahoo!辞書

kotobank > ガバナンスとは

 

ガバナンス

  • 5件の用語解説(ガバナンスで検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

統治のこと。『ガバメント』とは対照的な統治として位置づけられる。ガバメントは政府が上の立場から行なう、法的拘束力のある統治システムである。一方、ガバナンスは組織社会関与するメンバーが主体的に関与を行なう、意思決定合意形成のシステムである。このガバナンスの意味をもとに、経営学の分野でも、「ITガバナンス」や「コーポレートガバナンス」という言葉が使われるようになった。これらは、株主や経営陣による企業管理、統治という意味合いも含まれてはいる。だが、企業の利害関係者(株主、経営者、従業員、取引先など)の主体的な作用による、意思決定、合意形成のシステムが、本来の意味に近い。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事業再生用語集の解説

統治。統治能力。 「コーポレートガバナンス」とは、直訳すれば「企業統治」を指す。企業をどのように経営(統治)してゆくのかということ。�企業の不祥事が相次ぎ、企業の倫理観が問われ始めたこと、�効率的な経営がなされなくても、その責任の追及が厳しくなく、経営者に対するモニタリングが不十分であったこと、�バブル経済崩壊後は株式投資リターン低迷し、企業が株主利益軽視しているとの指摘が強まったこと、などが要因として近々、関心が高まってきた。


それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ガバナンス
 
株式会社ぎょうせいが発行する専門誌。地方自治などに関する情報紹介毎月1日発売
最終更新日:2011/04/15


(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ガバナンス【governance
 
統治。支配。管理。また,そのための機構や方法。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガバナンス 【governance
 
統治。日本では、多くコーポレートガバナンス(企業統治)の意味で使われる。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガバナンスに近い言葉→環境ガバナンス|ガバナンス Governance|self governance|コーポレートガバナンス|コーポレート・ガバナンス|グローバル・ガバナンス|パブリックガバナンス|企業統治(コーポレートガバナンス)|企業統治(コーポレートガバナンス)|ガバナー

ガバナンスの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「ガバナンス」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月21日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ