Yahoo!辞書

kotobank > ガラス絵とは

 

ガラス絵 【ガラスえ】

  • 5件の用語解説(ガラス絵で検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ガラスえ【ガラス絵】 

透明板ガラス裏面不透明絵具通常とは逆に重ねて絵を描き,表から鑑賞するもの。ガラス器に焼付けなどの技法によって絵を描くことはローマ時代以降中世にも行われていたが,ガラス絵技法の成立は,透明な板ガラスの初期製法完成し,油絵技法が確立される14世紀以降と考えられる。初期の作品は宗教主題を描いたもので,個人教会の礼拝用であったが,17世紀以降のオランダや18世紀以降のイギリスでは,風俗画や風景画,肖像画の非宗教的主題が多く描かれた。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラス絵
ガラスえ
glass painting

絵画用語ガラス板油絵具レーキ顔料を使って描き,これを他の面から見る絵。ステンドグラスと異なる。細部描写光彩表現最初に行わなければならない。光彩効果を高めるのに,細部がメッキされたり,背景に金属箔が敷かれることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガラス‐え 〔‐ヱ〕 【ガラス絵】
 
ガラス板の裏面に不透明絵の具で描き、表面から見る絵。ヘレニズム時代にはじまり、1500年ごろ、ドイツイタリアスペイン流行。奉納画・祈祷(きとう)画・メダルに用いる。日本では、江戸後期に流行した。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガラス絵 【ガラスえ】

ガラス板に不透明絵具で絵を描き,裏面から見るもの。広義にはステンド・グラスをも含む。普通の絵とは仕上りが逆になるので,描き方も逆の順序で行われ,仕上げ部分から先に始める。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ガラスえ【ガラス絵】
 
板ガラスの裏面に,不透明絵の具でかいた絵。ヨーロッパではヘレニズム時代末から,日本では江戸後期から行われた。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガラス絵に近い言葉→ガラスクルー|ガラス工事(建設業許可の一種)|ガラス工芸・ガラス工藝|ガラス化|ガラス戸|曇ガラス|押し型ガラス・押型ガラス|泡ガラス|ガラス体|板ガラス

ガラス絵の関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「ガラス絵」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 09月20日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ