Yahoo!辞書

kotobank > クロップとは

 

クロップ 【くろつふ,くろっぷ】

  • 2件の用語解説(クロップで検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

 英語crop動詞では 「刈り込む、切り落とす」 などの意。撮影済み画像の一部を切り出す トリミング とは対照的に、そもそも撮影の段階撮像素子一部分のみで画像を捉えること。たとえば撮像素子の中央だけで光を捉えて処理すれば、画素数は減るものの処理速度が上がり、また疑似的にズームアップしたような画像が得られる。  このクロップという用語をいち早く使用したのは、ニコンD2X (平成17年5月発売) の 「クロップ高速機能」 である。D2Xでは有効1,240万画素の CMOSセンサー の中央部、680万画素だけで取り込み、秒間8コマ (1,240万画素時は秒間5コマ) の連写を可能にした。  クロップの機能は、その後、高画素化したデジタルコンパクトカメラに デジタルズーム の代わりに広く採用されてゆくことになった。


解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クロップ 【crop
 
[名](スル)
切り取ること。刈り取ること。
デジタルカメラフォトレタッチソフトなどで、画像の一部分を切り出すこと。トリミング。
インタレストマッチ - 広告の掲載について

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロップに近い言葉→クロップ機能|クロップス|クロップシュトック|カバークロップ|クロックアップ|ギャロップ|クロップドパンツ|クロップサークル|プロップ|クロップドジャケット

クロップの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「クロップ」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 04月19日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ