Yahoo!辞書

kotobank > グログランとは

 

グログラン 【グログラン】

  • 5件の用語解説(グログランで検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グログラン【gros‐grain[フランス]】 

経(たて)に細い生糸を,緯(よこ)に数本引きそろえた太い絹糸を用いて平織にした絹織物経糸が密で緯糸が太いため,経糸が緯糸を包むようなかたちとなり横畝を生じるのが特徴。緯糸は見えないので,梳毛(そもう)糸や,次いで綿糸なども用いられるようになり,現在では経緯ともに綿糸によるものも製作されている。経糸に絹,人絹アセテートポリエステルの片撚糸を用いたものは光沢が美しく,正装用のコートドレスに用いられる。


All Rights Reserved. Copyright(C)2013, Hitachi Solutions Business, Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グログラン
grosgrain

グログレーンともいい,きめが粗いという意味フランス語から出ている。横うねが太くてはっきり見える平織物の一種。横うねの生地のなかでは風合いが最も硬い。うねが高くて丸いのが特徴。以前は絹織物に限られたが,その後の技術革新によって,木綿ウールレーヨンを使ったものをもいうようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グログラン

横に畝(うね)を表した平織の織物。絹織物が多いが,毛,綿,化繊もある。組織は密で張りがあり装飾的なので婦人服地袋物地とされる。またリボンとして装飾や帽子内側に張るサイズリボン,編物地の裏打ちなどに利用される。
※本文は出典元の用語解説の一部を掲載しています。


All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

グログラン【gros-grain】
 
太い糸を織り込んで横うねを表した平織物。婦人服やリボンに用いる。グログラン-リボン。


(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グロ‐グラン 【(フランス)gros-grain】
 
織り目を横に高くした、絹または化繊などの平織りの織物。光沢があり、ドレス・ガウン・リボンなどに用いられる。

この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グログランに近い言葉→グラン・アングロ・フランセ・ブラン・エ・ノワール|グロメログラニュラー|グラン・アングロ・フランセ・トリコロール|エルランゲン・プログラム|TOPプログラム|ブランド化プログラム|エアログラム|オドントグロッスム・グランデ|US‐VISITプログラム|ログログ平行移動の法則

グログランの関連情報

ニュース検索

ショッピング検索

「グログラン」のスポンサー検索

スポンサードリンク

 

ページの先頭へ戻る

キーワード情報キーワード情報

関連キーワード関連キーワード

  • アクセスランキングアクセスランキング

  • 07月25日更新
  • rssrss

  • 今日のキーワード今日のキーワード

  • rssrss

お知らせお知らせ